サンハウスは、介護保険で認定を受けた方々対し、入浴・排泄・食事などの介護や、日常生活上のお世話や機能訓練、健康管理と療養管理と療養上のお世話をサービス提供する施設です。

〒819-0038
福岡市西区大字羽根戸515番地3
TEL:092-892-2331

  • MENU
  • サンハウスとは
  • 施設紹介
  • 生活について
  • リクルート
  • サンハウスとは
  • 施設紹介
  • 生活について
  • 新人研修用DVD販売
社会福祉法人 飯盛会
  • 先輩の声
  • 募集要項
  • 採用お問い合せ

職員募集について

スタッフ募集のご案内

当施設は、身体障がい者療護施設として、入所、短期入所、通所生活介護、就労支援を持つ複合的な施設です。老人介護だけではなく、身体障がい者についても勉強して自らのスキルアップを図りたい方大歓迎です。施設から推奨するセミナー、研修は全て施設側で費用を全額負担しています。セミナー、研修に積極的に参加してもらい、職員のスキルアップ、レベルアップを図っています。

募集事項はPDF形式ファイルになっております。ダウンロードにてご覧下さい。
募集事項(正社員) 募集事項(パート)  ※1

※1 PDF形式ファイルの閲覧には、Acrobat Readerが必要です。 Acrobat Readerを
  お持ちでない方は、左のアイコンをクリックするとダウンロードできます。

ボランティア募集のご案内

サンハウスでボランティアをしてみませんか?
・利用者の方の絵や作品の創作活動のお手伝いをして頂ける方
・行事のお手伝いをして頂ける方
・一発芸の出来る方…etc
沢山して頂きたいことがあるんです。興味を持たれた方、どうぞご連絡の方お待ちしております。

※ボランティア保険の加入方法は当施設にてご説明致します。

ボランティア・実習生・見学者の方々へ

命の尊さについて

命はこの世で一番尊いものです。そして一度失うと二度と取り戻せないものです。そしてそれは全世界のどんな人々(健常者、障がい者へだたり無く)も平等のものです。ボランティアや実習生の方々は決して無理なさらず「難しいな」「危険かな?」等感じられた時には、必ず職員に声をかけて下さい。一緒に対応致します。
また、見学者の方も同様に感じられた時にはご遠慮なく、「こう思ったのですが」と意見を職員に述べて下さい。我々にはその言葉が鑑となります。

プライバシーの保護について

サンハウスは約60名の障がい者の方々が共同で生活をなさっていらっしゃいます。つまりこの施設は「家」でもあるわけです。入所者の方々のプライバシーの保護の為以下の事を厳守して下さい。

  • 戸が閉まっている居室は勝手に開けないで下さい。「家の玄関」と一緒です。
  • 入浴中は浴室に入らないで下さい。「裸をむやみに見られたくない気持ち」は皆一緒です。
  • 入所者のトイレはのぞかないで下さい。
  • 入所者の方の中には人と接する事が好きな人、嫌いな人がいらっしゃいます。興味本位でジロジロ見る仕草や、入所者を見つめながらのコソコソ話等は、どうぞお控え下さい。
  • 挨拶はどなたにもお気軽に声をおかけ下さい。人と話をするのが大好きな入所者の方もたくさんいらっしゃいます。そういう方とはどうぞいろんな楽しいお話をお願い致します。
禁句について

絶対にその人に言ってはいけない言葉があります。皆さんも他人から「言われたくない言葉」がありますよね。一般常識で考えられる“馬鹿にした言葉”や“差別用語“を使う事は人間として恥ずかしい行為です。
また、言葉がうまくしゃべれない方もいらっしゃいます。でも、こういう方々は逆に我々より五感がすぐれていたり、感受性が強かったりします。どうぞ、この施設利用者の方々が傷つく言葉は使わないでください。
入所者の方は、甘やかしてほしいと望んでいるわけではありません。人として普通に接し、優しい言葉をかけてあげて下さい。

食事介助について

咀嚼(そしゃく:かみくだくこと)や嚥下(えんげ:飲み込む事)が困難な方もたくさんいらっしゃいます。また、食事が刻み食の方もいらっしゃいます。その人の一口サイズと、食べるスピードもそれぞれ違います。職員の指示に従ってできるだけゆっくりと介助して下さい。食べ物が喉につまる窒息が一番怖いものです。
また、食事介助をされる方は必ず食事用のエプロンをご着用下さい。(お互いの衛星管理上のため)万が一、入所者の方がむせたり、顔色が変わった時はただちに職員にお知らせ下さい。
食事介助をする前は必ず職員より説明及び注意事項をお聞き下さい。

尚、ここに書いてある以外の事でわからない点やお尋ねしたい事等があれば、どうぞご遠慮なく職員にお申し出下さい。又、上記事項を守れないと判断した場合は誠に申し訳ありませんが、入所者保護のため退苑して頂く事がありますことをあらかじめご了承下さい。 介護の仕事は一日で簡単にマスターできるものではありません。我々職員も毎日が日々勉強です。一番大切なのは人と人のふれあいであり、お互いの優しい思いやりだと思います。このサンハウスで体験した事が、きっと皆様方の今後において少しでも良い思い出として役立ちます様にお祈り申し上げます。

お問い合せ・詳細

ご相談・資料請求・ご利用のお申し込みにつきましてはお気軽にお問い合せください。

ページのトップへ戻る